交通事故トラブルの相談は弁護士に

交通事故の被害に遭ったけれど、相手の保険会社との交渉で揉めていて中々解決が出来ないという話はよく聞きます。例えば自分はまだ完全にケガが治っていないにも関わらず、保険会社からは治療を早めに終わらせるように言われたり、後遺障害を認めてもらえなかったり、トラブルも多いようです。自分自身で交渉をしたとしても、相手の担当が「払えない」の一点張りなら埒があきません。そんな時は早めに交通事故専門の弁護士に相談してみる事をお勧めします。

特に自分自身の自動車保険に弁護士費用特約の付帯があるのであれば、相談料や着手金などの費用は保険から支払ってもらえますし、保険を使用しても特約のみであれば保険料が上がらない保険会社がほとんどですので、むしろ使わない方が損かもしれません。もしかしたら治療が終わらなければ、弁護士に交渉を依頼できないと思っている人もいるかもしれませんが、実は治療を始めてすぐでも相談する事は可能です。早めに相談しておいた方が、弁護士も状況を把握しやすいですし、相手保険会社から無理な治療の打ち切りを提示された時も安心です。またケガの程度によっては入院も必要となりますし、退院後も頻繁に通院が必要であれば、何度も相手保険会社と電話で交渉するのも大きな負担になってしまうのではないでしょうか。

弁護士に全て任せてしまえば、自分で煩わしい交渉をする必要がありません。交通事故はトラブルが付き物ですが、やはり専門家に相談するのが一番早くて安心出来る解決方法だと言えます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.