弁護士に相続の相談をすることについて

弁護士に相続の相談をすることは、とてもよいのですが、それでも注意したほうがよいところがあります。それは本当に信用できる人なのか、ということです。弁護士というのは、極めてレベルの高い業種であり、国家資格であり、信用があります。しかし、それは資格の話であり、個人ではないのです。

ですから、出来るだけ信用できる人に依頼するようにしたほうがよいです。悪徳な人がいないわけではないのですから、これは本当に注意したほうがよいのです。相続といえば、骨肉の争いの筆頭とも言える原因なのですが、これは弁護士に相談しておくことによって、かなり抑えられるようになります。要するに故人の遺志をしっかりと実行できるようになるわけです。

これはとても大きなメリットであるといえますから、お金が多少かかることではありませんが、それでも十分に依頼する価値はあるのです。お金がかかることといっても、そんなに高額ではありませんから、やるメリットは大きく、相続で揉める可能性があるならば、事前に対策をしておくべきなのです。総則というのは、何よりも公正、公平であるべきなのではなく、故人の遺志こそが重要なのです。長子継承が確実にできるような時代ではなく、遺留分というのがありますが、それでも長男に多めにしているところはいくらでもあります。

それはそれでよいのです。しかし、それを相続人に納得させる為に弁護士を雇うことが重要になってくるわけです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.