弁護士に相談して相続税の控除を教えてもらう

元々、相続そのものは家族だけで申請も手続きも出来るものなので弁護士のような専門の法律家が話し合いに加わる必要はありません。弁護士がいない状態で相続の手続きを行っても、民法上は何の問題もないのです。相続について弁護士に相談する理由は、そうすることによって遺産に関する税金の割合を小さくする手法を教えてもらえるからに他なりません。相続をすると家族で遺産を分割することになりますが、分割された遺産に対して法律によって一定の税金を特定の期間に納めなくてはいけないのです。

税金そのものに関して納めなくてはいけないことが法律で決まっていますが、実はその納める金額に関しては同じ法律にも控除の規定が存在するため出来る限り小さくすることも可能なのです。そもそも、遺産の中には税金そのものが全くかからないような物品も含まれています。例えば、亡くなった方を見送るために用意した葬儀道具なのです。遺影や仏壇などはこの典型ですが、これらのものに関しては税金をかけることができないためそのまま引き継ぐことが出来ます。

実は、こうしたことを利用すれば生前に被相続人が工夫をすることによって税金そのものを支払わなくても良くなるのです。税金がかからない物品を金などの高級な素材で作っていれば、たとえそれが高価な品だとしても税金がかかりません。弁護士に相談すると他にも様々な税金対策を教えてもらえるため、相談するメリットは非常に大きいのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.