債務整理はしなくてもよいときが

債務整理は実はしなくても良いときがあります。要するにグレーゾーン金利や違法金利で借りているようなときには、そんなことはしなくても良いのです。要するに一方的に支払いをやめます、というだけでよいわけです。それが違法金利では認められているのです。

違法金利で借りた場合、元金すら返す必要はない、ということが判例で出ていますから、闇金が理由で悩んでいる場合は債務整理なんて不要です。しかし、普通に合法的なところから借りて、悩んでいる場合は債務整理をすることになります。実は債務整理といっても色々とあります。自己破産が一番有名ではあるのですが、それは最終手段です。

特定調停とか任意整理とかあるわけですが、とにかく自己破産はどうしても仕方ないときにするべきです。安易に選ぶ人がいるのですが、それは確実に間違いであるといえます。もちろん、そうしたほうがよいときもあるのですが、まずはどうにかできないのかを考えるべきなのです。そもそもまずはどこに相談をすればよいのか、ということになりますが、これは弁護士になります。

司法書士でもよいときもあるのですが、弁護士のほうが無難ですから、まずは弁護士事務所を探すべきです。インターネットで探しても良いですし、伝手があるのであれば、それを使うと良いです。債務整理に抵抗感がある人も多いのですが、どうしようもないのであれば、やったほうが人生のためになりますから、まずは相談するとよいです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.