債務整理する前に気を付けるべきこと

何らかの理由で返さなくなった借金をどうにかするのが債務整理です。通常、返すつもりで借りるのが借金ですが、何らかの事情があってどうしても返せなくなることがあります。借金苦で夜逃げならまだしも、最悪自ら命を絶たれる方もおられますが、借金は法的な措置をとれば軽減したり帳消しにできることがあるのです。たかが借金で命を絶つのは間違っています。

借金の返済で困ったら債務整理という方法があることを思い出すべきです。債務整理にはいくつか種類がありますが、気を付けたいのが保証人を立てている場合です。自分が払えない借金をその保証人が返済しないといけなくなるからです。自己破産と民事再生を選択すると保証人に借金の支払い義務が発生してしまい、保証人は大変なことになりますし、もちろん関係も悪くなってしまいます。

そうならないために債務整理の中でも任意整理や特定調停を選ぶといいでしょう。こちらは整理する借金を選択できるので保証人を立てている借金は除外すれば保証人に支払い義務が発生することはありません。もちろん自分でその分は返さないといけませんが、それ以外の借金を整理できるので返済はだいぶ楽になるのです。保証人にはなるなと言われるのはこのように債務者が返済できなくなった場合、その借金の支払い義務が発生するからなのです。

親友だから大丈夫と思って気軽に保証人になると後々後悔することにもなりかねないので、保証人をお願いされた場合はできれば引き受けない方がいいかもしれません。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.