マイナスになる遺産相続は弁護士に相談を

人が亡くなると同時に相続が開始されます。家族や親族は悲しみに暮れる間もなく、様々な手続きを行わなければなりません。まず初めに、故人の遺産がどのぐらいあるのかを知る必要があります。遺産整理をすると、現金や不動産などのプラスの財産よりも、借金などのマイナス財産の方が多くなる場合があります。

そういった場合でも、相続人はプラス・マイナス両方の財産を引き継がなければならないと法で定めされているのです。しかし、借金が返済しきれないほど多い場合には、家庭裁判所で相続の放棄や限定相続といった手続きをすることができます。家族が亡くなって精神的にも参っているときに、さらに遺産問題が増えることはつらいですね。そういったときは、法律のプロである弁護士に相談すると安心です。

遺産相続にはたくさんの決まり事があり、「知らなかった」では、時すでに遅しのことがあります。弁護士に冷静に話を聞いてもらった上で注意点などを教えてもらうだけでも安心感が全く違いますので、心配事が発生したときには早めに相談することが大切です。また、故人の借金が莫大だったり、故人が何らかの保証人になっているようなときは、弁護士に間を取り持ってもらうほうが良いでしょう。あやふやな知識に基づく自己判断や、わからないからと放置しておくことは、親族を苦しめる結果となって返ってきます。

専門家の意見に従って、一番不幸にならない形で遺産を引き継ぎたいものです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.