相続問題を弁護士に依頼するときの注意とは?

遺産相続は親族の間でお金が絡む問題で、互いの相続人が、資産の対象額を巡り、やがて裁判にまで発展することがあります。問題解消に法律事務所に相談する人も多くおられます。法律事務所の扉を叩くとまずは問題の相談となるでしょう。相談後に問題解決に向けて、弁護士による仕事となりますが、非常に大きな費用が掛かります。

法律事務所の中にはこの問題に特化した事務所もあり、このような法律事務所では相続の問題に強いと考えられることもあるでしょう。しかし、法律事務所に依頼するケースでは、資産が多く、対象者が多い複雑なケースで公正証書遺言などが書かれていないケースが多いでしょう。そうなると故人との関係性により資産分割の割合や個々の主張により非常に問題が複雑化し、解決までの期間が長くなります。故人が所有する資産額が多ければ、そこに関係する複数の相続人で別々に弁護士を付けることがあります。

しかし遺産分割の問題は、民事訴訟にて争われ、万が一弁護士が複数人で付けられた場合、結果として解決までの期間は長期化し、弁護士同意の話し合いにより解決への道となるでしょう。しかも弁護士に支払う報酬や着手金に実費は、成果に対して決められたパーセンテージであり、故人の残した資産が多ければ多いほど、法律事務所の利益につながるため、問題解決までの時間をあえて長くする法律事務所もあります。早期解決が可能な実績の高い法律事務所に依頼することが良いでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.