外国籍の人物の相続は必ず弁護士に相談をする

外国籍の人物の相続に関しては、必ず弁護士に対して相談しなくてはいけません。日本国籍を有している人の相続と外国籍を持っている人の相続は全くと言って良いほど手続きの流れが異なります。安易にやってしまうと法律に触れてしまうこともあるため注意が必要です。基本的に、外国籍を持っている人が日本国内で亡くなったときには日本国内のルールが適用されるのかそれとも外国のルールが適用されるのかを確認しなくてはいけません。

日本人が日本国内で亡くなった場合に法律に応じて手続きが出来るのは、その手続きの方法が法律でしっかりと定義されて規定されているからです。しかし、外国人の場合にはどこの国で亡くなったとしてもまずは本国法にどのような規定が存在するのかを確認しなくてはいけません。そのため、本国法を見て亡くなった国での法律で遺産が継承される旨の規定が書いているときには日本国内と同じ手続きで相続を開始することが出来ます。反対に、どこの国で亡くなったとしても本国法に従う旨が書かれているときにはわざわざ本国法を調べてそれに従った手続きをしなくてはいけません。

当然ながら、この場合にはかなり多くの専門的な証明書や書類が必要になり、その外国籍の大使館にも連絡を入れなくてはいけません。こうした外国籍に関する相続の手続きに関しては、弁護士などの専門の法律家が行わないと全く話になりません。専門的な法律的な規定が多すぎるので、必ず弁護士に相談して的確な指示を仰ぎましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.