借金まで相続してしまったら弁護士に依頼を

相続といえばどうしても財産が手に入るというイメージが先行しますが、じつはそうではありません。相続とは亡くなった人の権利や財産ばかりでなく、義務も引き受けるということです。したがって預貯金や不動産などの財産だけでなく、借金の支払い義務も相続により引き受けることになりかねないのです。このような事態になった場合、あるいはなりそうな場合には、いち早く弁護士に解決を依頼したほうがいいでしょう。

弁護士は代理業務を担うことができますので、借金の支払督促にも対応してもらうことができるのです。なかには不自然な借金の支払いを請求してくるような悪質な人もいますので、そのような場合でも弁護士に依頼しておけば安心して対応を任せられます。またあまりにも借金の額が多い場合は、弁護士を通じて相続放棄や限定承認といった手続きをしたほうがいい場合もあります。どのような方法が有効かどうかも含めて、なるべく早い段階で法律の専門家である弁護士に相談しておいたほうがいいでしょう。

法律の相談をする際は、相続に関する細かな情報まで開示して臨んだほうが相談がスムーズにいきますので、必要と思われる書類をできる限り持参していきましょう。どのような書類を用意しておいたほうがいいかについては、事前に相談相手となる法律事務所に電話などで確認しておきます。また費用について心配な人は、まずはじめに無料相談を利用するなどしてから、本格的に依頼するかどうか検討してもいいでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.