相続で問題を避けるためには弁護士が最適です

相続問題は弁護士だけでなく、司法書士や税理士、行政書士なども取り扱うことが可能です。しかしこれらの職種の人ができることと、弁護士ができることでは大きな違いがあります。案件の複雑度が増せば増すほど、弁護士の力が大きく発揮されるのです。たとえば司法書士や税理士、行政書士などは相続に関する相談ができたり、遺産分割協議書を作成したりすることができますが、あくまでもできるのは相続人同士の意見を聞いて書類を作成することです。

相続人同士の利害を調整したり、争いとなった場合に依頼人を代理することはできないのです。したがって事態が深刻化して訴訟まで持ち込まれた場合には、新たに弁護士に依頼しなければならなくなります。そうなれば二重に費用が発生してしまいますので、はじめから弁護士に依頼しておいたほうが労力も軽減されるのです。また人の争いを解決してきた豊富な経験があることから、相続の話し合いの過程で争いの種となりそうな状況を見分けることができるのも魅力の一つです。

訴訟に持ち込まれた場合に力を発揮することだけが彼らの役割ではありません。大きな問題にならないようにするのも彼らの仕事の一つなのです。もちろん争いが大きくなることを避けられない場合でも、はじめからそうなることを想定して対処していますので、安心して問題を任せることができます。餅は餅屋ということわざがあるように、争い事はプロに任せるのが一番です。

問題を長引かせないためにも、早いうちから相談しておくといいでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.