湖でバス釣りができる小型船舶免許

釣りが好きな人の中には海釣り専門や川釣り専門などのように、特定の場所でのフィッシングを楽しむ人も少なくありません。最近はルアーを使ったルアーフィッシングに注目が集まっていますが、湖などの場合はブラックバスへの人気が集まり、海ではスズキを狙うルアーフィッシャーも少なくありません。これらの魚は、堤防や船着き場などで軽くキャストするやり方でも釣ることはできるけれども、魚が隠れることができるような場所に仕掛けを投げ入れることで大物がヒットしやすくなります。ボートがあると、このようなポイントで釣りを楽しめるようになるわけですが小型船舶免許を取得していれば、エンジンの出力に関係なくバス釣りやスズキ狙いも可能にします。

小型船舶免許は、従来は5つの区分になっていましたが現在では4区分に変更されていて、その中には水上バイク専用の特殊免許も含まれます。また、湖や川などで操縦ができる小型船舶免許と海で操縦ができるもののなど、海と湖もしくは川ではそれぞれ個別の免許が必要です。そのため、海だけででなく湖や川などでもレジャーを楽しみたい人は両方の免許を取得する必要があるわけです。ちなみに、湖や川で操縦ができるのは二級小型船舶操縦士(湖川小出力限定)免許と呼ぶものです。

この免許は湖と川のみで、海では操縦ができません。海の場合は海の普通免許などのようにいわれることもある二級小型船舶操縦士免許が必要で、小型船舶免許証には取得したものが明記されています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*