小型船舶免許を取得し休日を充実させよう

コロナ禍で多くの人が行動を抑制され、自由を奪われました。それは新型コロナウイルスが非常に感染力が強いためです。感染すると多くの人が咳やくしゃみ、鼻水や下痢のほか、高熱を出すことになるんです。さらに抵抗力や免疫力の弱い人は、肺炎を併発し重症になると呼吸困難になって命を落します。

命の危険があることから各国では政府がステイホームを訴えかけ、人々の行動は制御されてしまったのです。おうち時間が長引き、アフターコロナ後は思いっきりアウトドアや外でのレジャーを楽しもうと決意している人も珍しくありません。そこでアフターコロナではマリンレジャーを思いっきり楽しむことをお勧めします。マリンレジャーには、シュノーケルやスキューバーダイビング、パラセーリングなど様々なものがあります。

しかしアフターコロナの夏こそ小型船舶免許を取得し、船を操縦することをお勧めします。小型船舶免許を取得するのは非常に難しいと思い込み、二の足を踏んでいる人も少なくありません。だが小型船舶免許は自動車教習所のような場所に行き、所定に時間学科と実技を修得すれば国家試験免除で免許が取得できるのです。小型船舶免許を取得してしまえば、ダイビングスポットにも自分で船で操縦して行きダイビングが楽しめるので、よりマリンレジャーが充実するんです。

現在日本ではジェットスキーや水上バイクも、特殊小型船舶免許が必用になっています。それゆえ、マリンレジャーをさらに楽しむにはこうした免許を取得することを検討してみると良いといえます。小型船舶免許のことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*