小型船舶免許を取るとどんなことができる

趣味やキャリアアップを目的として資格の取得の需要が高まっていますが、その資格の取得の中でも特に注目を集めているのが小型船舶免許です。小型船舶免許は一般人が使用することができる総トン数20トン未満の船舶を動かせる免許であり、この資格を取ることで川と海の双方で船を操縦することができます。これまでの小型船舶免許は主に仕事用に取得する人が多かったのですが、釣りを趣味にする人が増えたことそして中古船舶を購入しやすい環境が整ったことで取得したいと考える人が増えた背景です。実際に小型船舶免許を取得する場合において、この資格には3つの等級が存在します。

一番初めに取得をするのが3級であり、3級は小型エンジンがついてる水上バイクやボートそして湖や川を渡る小型船を動かすために持ちます。3級は初歩であり取得難易度は高くないので手始めに最適ですが、本格的なボートや船に乗ることはできないので趣味として取得するレベルです。本格的に船やボートの操縦レベルになるのが次の2級からであり、港から9キロメートルの範囲を走行することができます。このレベルでは大人数の人を運ぶことはできないですが、海釣りなど趣味や近海の商売で使うまでが範囲です。

そして本格的に無制限で船舶を動かせるのが1級であり、取得難易度は高いですが本格的な沿岸でも釣りや客を運送する船舶業など趣味だけでなく本格的な仕事として世界各国で活躍の場が広がることになります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*