小型船舶免許の概要を教えて下さい

大型バス2台分程の大きさのプレジャーボートを操船する免許を、小型船舶免許と言います。正式名称は「小型船舶操縦士免許」と言って、全ての海域航行OKな1級を皮切りに、岸から5海里まで動かしてよい2級があります。これ以外には岸から2海里までの水上バイク等の特殊船舶免許と、湖川限定の2級免許があると思って下さい。一般的に、マリンレジャーの愛好家等の場合は2級の小型船舶免許を習得する傾向がある事等もチェックしておきたいポイントと言えます。

勿論、1級の小型船舶免許に挑戦する人もいますが、100海里を超えた航海に出る事に対する規制等があったりもし、専門的に海の仕事をする人向けという面があるという事で、やはり2級よりは少なめになっている様子です。受験に関しては1級は満18歳で、2級は16歳から挑戦可能とされています。基本的には、車やバイク等の免許と同じ段取でもしも免許が欲しい場合には、教習所に出向いて全過程クリアの後で本試験に合格すれば獲得可能です。ちなみに車の時と違って、船の場合は1級免許等で水上バイクの操縦等は出来ません。

動かしたい場合は、別個で試験を改めて受験しなければなりませんので、そこには特に注意が必要です。後は教習所についてですが、これは車やバイクの時と同じで各教習所ごとに色々なメニューが設定されています。合宿で短期間習得を目指すコースであったり、本番試験の実技免除の特典がある所などもありますので、そこは自身に最もメリットがある所を選んで下さい。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*