独学で小型船舶免許を取得する方法

小型船舶免許を取得するためには、国家試験の実技試験と学科試験、それと健康診断の審査にパスする必要があります。健康診断は視力や聴力など特別問題がない人なら安心ですが、視力や聴力などで問題がある場合は基準を満たしているのか否かを最初に確認することをおすすめします。問題がある場合でも規制により操縦が許されることもあるので、あきらめる必要はありません。一般的に、小型船舶免許を取得するときはボートスクールや国土交通省に登録している登録小型船舶教習所で学科および実技講習を受けるケースは多いのですが、登録小型船舶教習所は修了試験で合格すると国家試験が免除されるなどボートスクールと比べると最短で小型船舶免許を取得できるわけです。

近所にスクールや教習所がない人、なるべく費用をかけずに取得したい人の中には独学でチャレンジされる人も少なくありません。ただ、独学で合格するためにはボートの操縦技術を身に付けることがポイントになりますので、技術を身に付けるための環境があるのか否かである程度決まって来ます。学科については独学で勉強することもできますし、参考書や過去問題などを使って学習すれば合格点を貰える可能性も高まります。実技試験の場合は、操縦の経験が必要になるわけですうがボート教室などで実技講習だけを受けるやり方もありますし、知り合いがクルーザーを所有しているなどその人にお願いすれば実技の訓練もできるなどチャレンジの可能性も高まります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*